金持ち父さん

 日本の「金持ち父さん」と呼ばれ、アメリカ不動産を中心に17年で推定資産170億円、年間不労所得3.5億円を形成した日本人大富豪を知っていますか? ⇒ あのネットビジネスのパイオニア菅野一勢さんの投資の師匠でもあり、数多くの起業家も教えを請う、日本では数少ない本物の投資家です。その人の名は、世野いっせい氏と言います。数年前はS氏として活動していましたが、そのあまりの教えの素晴らしさに人気が沸騰。出版社が口説き落として、ついに書籍まで発刊されることになり、それにあわせてついに名前も公表しました。世野氏はアメリカで4世代続く大富豪一族のユダヤ人投資家と知り合い、その黄金の方程式を伝授されます。世界恐慌・ブラックマンデー・リーマンショックを乗り切り、その度に資産を増やしてきた門外不出の黄金の方程式。その教えを受け継ぐ唯一の日本人にして最後の弟子・世野いっせい。そんな世野氏がはじめて公の前に姿を見せ、一生お金に困らない「3つの鍵」を公開した伝説のセミナーを期間限定で無料公開します。いますぐご登録ください。 >>>世野さんの期間限定セミナーはこちらで確認できます。

お金持ちになる魔法、とは...

世野氏の語った名言です。

「お金持ちになるのはカンタンです。魔法を使えばいい。その魔法をみなさんは知らない。
私は知っている。ただそれだけです」

「お金を稼ぐことは、才能や運を必要とします。ですから個人差があります。
でも、お金に働いてもらうことは、ルールさえ知れば誰でも同じ事ができます」

「投資はお金ができてからするのではありません。
むしろ、お金がない人ほど投資を上手に活用してお金持ちになるのです」

「僕に15年いただければ、誰でもミリオネアにしてみせます」

「日本人は65歳で引退、いきなり投資家プロデビューでしょう。
それまでまったく勉強しなくていきなり勝てるわけがない」

「日本人は、世界から投資の出口にされているんです。カモなんですよ」

「お金を稼ぐより、お金を維持する方がはるかに難しいんです。お金持ちでい続けるには投資の勉強が不可欠です」
つづきはここから無料登録して本物に触れてください

お金持ちになる魔法、つづき

「投資で大儲けというのは大間違い。大儲けしたかったら、ビジネスをやってください」

「お金持ちになったら投資するではないんです。投資をしながらお金持ちになるんです」

「みなさんの言う“投資”はほとんどの場合、“投機”です。
投資とは最初から結果が決まっているものを言います」

「不動産は手段です。不動産を使って何がやりたいかです。だから、みなさんのライフプランが一番重要です」

「お金持ちになるには「魔法」がある。皆さんはその本当の力を知らない。
私は知って活用している。ただそれだけの違いです」

「日本の成功者は忙しいのが自慢。アメリカの成功者は自由です。
3ヶ月会社を開けて旅行にでることができますか?できなければ、それはまだ自由とは言えません」

「日本人は素晴らしい国民です。政治は三流だけど、国民は超一流です。
だからこそ、いまの世界からカモにされている現状を私は変えたい」

「日本人ほど投資に向いている国民はいません。みなさんの言う投資ではありません。世界基準の投資です。
それを学んで実践すれば、間違いなく、日本は復活します」

「僕ができたことは、誰でもできます。ただし条件が一つだけあります。
それはまず、世界の投資のルールを徹底的に覚えることです」

「日本人は本当に優秀で、日本という国は本当に素晴らしい。海外に出れば日本の素晴らしさを実感します。
でも、世界で唯一日本人だけが世界の投資のルールを知らされていないのです」

「僕たちは日本人です。だから、僕が主宰する『プロジェクトWAKYO』では、技術とそれに伴う心を大事にする"投資道"の考え方を共有していきます。日本における「投資」のイメージが悪いのは、この「道」の考えが抜けてるからだと思います。それが、本来の日本人のDNAに違和感を生んでるのだと」

「実は、リアルリッチのやっている「投資」は、農耕民族である僕たち日本人に一番向いているのです。
日本人こそリアルリッチ投資をやるべきなのです。」

つづきは以下から無料登録して本物に触れてください。

Copyright © 2012 一生お金に困らない「三つの鍵」、とは